ABOUT THE MOVIE

INTRODUCTION

姿を消した伝説のデザイナー、
マルタン・マルジェラの素顔とは

 ファッショニスタから熱烈に支持され、メディアには匿名性を貫いた「メゾン マルタン マルジェラ」のデザイナー、マルタン・マルジェラ。1997年~2003年にはエルメスのウィメンズ・プレタポルテのデザインも手がけ、ファッションの最先端を築いたマルジェラだが、2009年、表舞台から突然姿を消したーーー。
 アントワープ王立芸術学院でドリス・ヴァン・ノッテンら“アントワープの6人”に先んじて早くから注目を集め、ジャン=ポール・ゴルチエに3年間師事したのち、1988年に自身のブランド「メゾン マルタン マルジェラ」をジェニー・メイレンスと共同で創設し、翌年にはコレクションを発表。それは“反モード”を掲げ、当時主流だったゆったりとしたシルエットがタイトへと転換する契機となった作品群だった。その後、軍服やユーズドジーンズをリメイクした“ポペリズム(貧困者風)”や、レコードや靴下などいわゆる“ファブリック”ではない素材を利用するなど、探究心とユニークな世界観に満ちた作品を次々と発表し、ファッション業界を揺るがせた。また、コレクションとは豪華な会場で最新のデザインを発表する場という慣習を破り、町はずれの空き地で近隣住民を招いて開催したり、過去のデザインを再構築するなど、高級志向に背を向けた唯一無二の“デストロイコレクション”に、刺激を求めるファッショニスタが熱狂した。

“白”に隠された秘密ー。
「私たち」の歴史が明かされる。

 挑発的でコンセプチュアルな作品群を発表するマルジェラ自身はどんな人物だったのか。初のドキュメンタリーとなる本作では、彼と共に一時代を築いたメイレンスやクリエイティブチームの「私たち」が激動の20年間と、謎に包まれたままファッション業界を去った異端児について初めて語り出す。公にされた写真は存在せず、インタビューは書面のみで行い、「I=私」ではなく「We=私たち」で答えたマルジェラ。オランダ出身のドキュメンタリー作家、メンナ・ラウラ・メイール監督は「私たち」が封印してきたモードの舞台裏と狂乱の歴史に鋭く食い込み、数々の貴重なアーカイブと証言を掘り起こした。そして浮き彫りになったのは、傷ついた天才と空中分解していくチームの葛藤の日々だった。「私たち」がタグの代わりにした白い布に込めた意味とは? ファッション業界注目の傑作ドキュメンタリーが、ついに日本公開!

DIRECTOR

監督:メンナ・ラウラ・メイール
Menna Laura Meijer

 大学ではジャーナリズムを専攻。映画監督になるつもりはなかったが、グラフィティの少年たちの記事を執筆中にTVプロデューサーからドキュメンタリー映画にしてはどうかと勧められ、監督としてのキャリアをスタートさせた。処女作『tags』(97)は違法なレイヴパーティーで上映され、エンドロールの途中で警察によって阻止された経験を持つ。
その後は離婚した両親を持つ子供に追った『separated』(99)や、慢性的な病気を患っている小学生をテーマにした『schoolsick』(01)など、子供や若者をテーマに選ぶことが多くなる。

『girls』(03)、『boys』(05)、『sexy』 (07)の3部作を製作し、その中でも『girls』は多数の賞を受賞するなどオランダ国内で高く評価された。
08年に発表した『sweety』は16歳の少女が友達を殺害したという告白に密着した内容で、賛否両論を呼ぶが、カナダの映画祭やテレビでも放映され国際的な評価も得る。
その他の代表作に、音楽ドキュメンタリー『kyteman, now what?』(11)など。シニアの愛と性を描いた『69: Love Sex Senior』(13)はスウェーデンの2014年ピース&ラブ映画祭でベスト・ドキュメンタリー賞、エストニアのパルヌ映画祭で観客賞を受賞した。
『We Margiela マルジェラと私たち』は消息を絶った人が再び人生を歩み始めるまでの間、どのようにして人生の転換を図れるのかというテーマに興味を持っていた時に、マルタン・マルジェラの存在を知り、映画化を実現した。現在は『The human animal』という作品に取り掛かっている。

Filmography

  • tags 1997 (25分)
  • day dream 1998 (15分)
  • separated 1999(5x15分)
  • schoolsick 2001 (5x25分)
  • girl 2003 (25分)
  • before I die 2003 (55分)
  • boys 2005 (25分)
  • real men 2005 (55分)
  • sexy 2007 (25分)
  • sweety. The friends, Betrayal and Mueder of Maja Bradaric 2008 (90分)
  • kyteman, now what? 2011 (90分)
  • 69: Love Sex Senior 2013 (90 分)
  • Sex? Yes Please! 2015 (TV movie
  • documentary 55分)
  • We Margiela 2017 (103分)
  • The human animal

CAST

Jenny Meirens
ジェニー・メイレンス
Co-founder Maison Martin Margiela

メゾン マルタン マルジェラ共同創設者

1945年生まれ。ベルギーのブリュッセルでセレクトショップのオーナーを長年務め、コム デ ギャルソンやヨウジヤマモトを初めてベルギーで販売する。1983年にアントワープ王立芸術学院の学生だったマルジェラと出会いその才能に惚れ込み、1988年にマルジェラと一緒にメゾン マルタン マルジェラを立ち上げる。
2002年の引退までクリエイティブ&ビジネスパートナーとして、ファッション業界に旋風を巻き起こし、名を馳せた。匿名性の白いタグのアイディアは彼女のものだった。本作が完成する前の2017年7月1日に永眠。

Vicky Roditis
ヴィッキー・ロディティス
Sales Manager

セールス・マネージャー

1989年から2010年までメゾン マルタン マルジェラでセールス・マネージャーとして貢献。
ブランド立ち上げ初期は報酬は少なかったが、お金よりも“タビ”ブーツが欲しいと懇願し、ボロボロになるまで履いたというほど、ブランドの“大使”としても活躍した。

Grace Fisher
グレース・フィッシャー
Model and Showroom Assistant

モデル&ショールームアシスタント

88年のブランド設立前からマルジェラとメイレンスと一緒にメゾン マルタン マルジェラの設立に貢献する。モデルとしてショーに出た経験もある。

Deanna Ferretti Veroni
ディアナ・フェレッティ・ヴェローニ(ミス・ディアナ)
Founder Miss Deanna, Knitwear factory Italy

ミス・ディアナ ニットウェア製造工場 創設者

テキスタイルとニットの第一人者。イタリアのレッジョ・エミリアでそのキャリアを始める。50年以上にも渡りKenzo、イヴ・サンローラン、Yoji Yamamoto、ジョルジオ・アルマーニ、プラダなど数々のデザイナーとコラボレーションする。メゾン マルタン マルジェラへも貢献し、初期のデザインにも協力した。その時期のタグには”MISS DEANNA“と記載されており、現在でも人気を博している。近年では若いデザイナーをサポートするなど、育成にも力を入れた活動も行っている。

Lucia Zanni
ルチア・ザンニ
Collection manager Miss Deanna

ミス・ディアナ コレクション・マネージャー

ミス・ディアナと共にメゾン マルタン マルジェラのニットデザインを支える。本編ではマルタンの要望に応えるために様々な努力をしたことなどを語っている。

Sophie Pay
ソフィー・ペイ
Commercial manager, Daughter of Jenny Meirens

コマーシャル・マネージャー、ジェニー・メイレンスの娘

新しいブランドを立ち上げる母とマルジェラの想い出を語る。現在はメゾン マルジェラを離れている。

Inge Grognard
インゲ・グログニャール
Make-up Artist

メイクアップアーティスト

1958年、ベルギー生まれ。マルジェラとは14歳から知り合いという。彼の学校プロジェクトでキャリアをスタートし、その後マルジェラをはじめとするアントワープの6人などのデザイナーのメイクアップアーティストとして活躍する。マルジェラとは2010年まで20年以上に渡り40以上のショーを担当する。

Lutz Huelle
ルッツ・ヒュエル
Artisanale and Knitwear Designer

アーティザナル&ニットデザイナー

ドイツのケルン近くの村に生まれる。1995年にロンドンのセントラル・セント・マーチンズ ファッション科を卒業後、メゾン マルタン マルジェラで働き始め、マルジェラのアシスタントを3年間務める。2000年、パリの秋冬コレクションにて初めてのウィメンズコレクションを発表しデビューを飾る。
フランスで一番歴史があるファッション・アワードと言われるANDAM賞を2度も受賞するなど実力を認められている。
彼のデザインは脱構築的(デコンストラクション)と言われており、マルジェラの影響も少なからず受けているがスポーツウェアとイブニングドレスを合わせるなど、様々なジャンルをミックスしたオリジナリティ溢れる作品を発表している。

Axel Keller
アクセル・ケラー
Commercial Director

コマーシャル・ディレクター

1989年の創立初期からメゾン マルタン マルジェラでコマーシャル・ディレクターとして貢献する。2002年まで13年間勤め続けた初期メンバーでもある。その後、バレンシアガにて2017年までコマーシャル・ディレクターを務め、2018年よりジル・サンダーに移籍し、10月よりジル・サンダーイタリアのCEOに就任した。

Patrick Scallon
パトリック・スキャロン
Communication Director

コミュニケーション・ディレクター

1964年、アイルランド生まれ。UCD大学を卒業後、ベルギーのブリュッセルで職業訓練プログラムに参加し、スピーチライターとして活動中に、メイレンスとマルジェラに会う。短期間の仕事として始めるが、93年から08年までメゾン マルタン マルジェラでコミュニケーション・ディレクターとして勤めることになる。一から全てを学び08年からはドリス・ヴァン・ノッテンに就任した。

Madeleine Berkhemer
マデライネ・バークハイマー
Atelier and Showroom Assistant

アトリエ&ショールームアシスタント

1973年、オランダ生まれ。元ファッションデザイナーの彫刻アーティスト。その過激な他に類を見ない作品にはファッションデザイナー時代の影響が多く反映されている。旗艦店のパフォーマンスも手掛けており、パリのアニエスベー、マイアミのクリスチャン・ルブタンが代表的で、メゾン・マルジェラでもショールームアシスタントとして活躍していた。

Alda Farinella
アルダ・ファリネッラ
Founder and Owner of Boutique Jana, Italy

ブティック・ジャナ イタリア 創設者&オーナー

創立初期からのマルジェラの服を販売するイタリアのブティック・ジャナのオーナー。

Harley Hughes
ハーレー・ヒューズ
Menswear Designer

メンズウェアデザイナー

ロンドン生まれ 1994年、キングストン大学 ファッション/アパレルデザイン科を卒業し、1996年からジョン・リッチモンドのアシスタントとしてファッション業界でキャリアを始める。1998年からメゾン マルタン マルジェラにて本格的にメンズウェアデザイナーとして働き出す。ディーゼルに買収される2002年まで勤め上げた後、イヴ・サンローランにヘッドハンティングされ、2009年までメンズウェアとレザーグッズのデザイナーとして頭角を現す。現在はアレキサンダー・マックイーンにて活躍中。

Lise Parmentier
リズ・パルマンティエ
Head Atelier Artisanale

アトリエ・アーティザナル責任者

本編でマルジェラがどのように素材を集めてきたのかなど、マルジェラとメイレンスと共に働く喜びと緊張を語る。現在はブランドを離れている。

Stanislas Maryshev
スタニスラス・マリシェフ
Sales Manager

セールス・マネージャー

メゾン マルタン マルジェラを去った後、若く新しい才能をサポートするセレクトショップをパリに開く。

Anders Edström
アンダース・エドストローム
Photographer

フォトグラファー

1966年、スウェーデン・フロソ生まれ。1990年にパリに移住し、メゾン マルタン マルジェラの撮影を長く手がけた。1993年より仏雑誌「Purple magazine」をはじめ、「Self Service」「Dazed & Confused」「Index」「Dune」などの雑誌で数多く撮影し、今日活躍する写真家に多大な影響を与えている。